<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
のどか舎 元気おやつ通信
美味しくって体に優しい 玄米のおやつ屋さん
<< あっという間の100%米粉パン | main | 料理サークルpolepole6月7月の講座 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | -
米粉100% 白いどら焼きできました。
 和佳は米粉マイスターの講座を受講しているのですが
陣田靖子先生から宿題が出されるんですね。

今回のミッションは 「米粉で焼き菓子を作ってきてください。」

ということでしたので

どら焼き〜♪

作ってみました!

焼いてみましたら、白かったので
少し前にブームだった(笑)
”白いたい焼き”みたいな感じで・・・

白いどら焼きってどうかなっ。 
(これは、皆さまにも食べさせてあげたい出来ですよ。)


















白いから、焼印が押せた!
なかなか、使う機会がなくずっと厨房の”飾り”だった 可愛い千鳥が・・・!

食べた感じ、ふんわりしっとりで。 なかなか良いですよん。
冷蔵庫に入れると米粉の性質で固くなるので、作ってすぐ、当日中に召し上がるのがベストです。 

実は前回の試作品をおやつセットと共にお友達に送ったら
お子さまに「無味無臭」と言われちゃったので(汗)ごめんね。
今回甘さを増やしてみました↗

甘くすると、柔らかくなりまたいい感じ。

本物のどら焼きと比べてしまうと、米粉のもっちり感、歯切れの悪さは若干ありますけれど
この小豆あんとふんわりした皮は、食べたときに幸せを感じることと思います♪
甘すぎず、安心して召し上がれます。

是非、ご注文の上ご来店・または 講座で一緒に作ってみませんか。

あっという間にできる。 卵・乳製品・白砂糖・小麦粉を使わない、自然素材のどら焼きです。

必要とする方のもとへ、情報をお届けしたいですし ご来店下さるお客さまに、おいしいところを召し上がっていただきたいです。

いま、冷蔵して固くなったものをどうしたら美味しく戻して食べられるか また 簡単レシピにどのように手を加えたら、固くならずにそのまま召し上がれるかを検討中です。

発送のお客さまは、どら焼きはもう少しお待ちくださいね。

白いどら焼きについてご質問・お問い合わせ・ご注文・講座のご依頼はこちらまで。
oyatsu@nodokasya.com メールくださいませ。
生菓子 | permalink | comments(5) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | -
この記事に対するコメント
米粉マイスター、気になっています・・・。
大分でも開催されてるようなので、行ける時を作ろうと考え中です。

米粉のパンが、とても美味しそうですね!
もちろんドラ焼きも!

サクサクッと新作を作っちゃうところ、さすがのどかさん!という感じ。
いつもながら尊敬です!!
くりりんご | 2011/06/15 7:05 AM
この記事に対するコメント
くりりんごさん
このどら焼きは、いつものように、大福を作ろうとしたら、メインの材料を切らしていて無理だったんです〜!
じゃあ、それナシで作るとしたら、どうかな?なんて作り出したら、何だかそんなものが出来あがったので調節したというわけです♪♪♪
米粉パンは、自分が作るのに気を遣ったり、失敗したりするのに困って、じゃあ 失敗しないレシピを作ろうと思って作りました。
家族が食べるもの、というのが基準なので、子供が沢山いるのはとても便利でっす(*^。^*) くりりんごちゃん いつもありがとう。
和佳 | 2011/06/15 10:09 AM
この記事に対するコメント
くりりんごさん
度々すみません。米粉マイスター、チャンスがあれば受けてほしいです。私の大好きな陣田靖子先生に会って欲しいなぁと思っています。背が高く、チャーミング。テキパキしていてとっても素敵ですよ。
和佳 | 2011/06/15 10:11 AM
この記事に対するコメント
焼印見て思い出したんですけど、私の伯父は富山で長いことまんじゅう屋をやっていたんですよ。

甘いものの珍しい時代、結婚式やお葬式には必ずお饅頭を配ったそうです。

葬式饅頭はとってもおいしくて、意味がわかってない子供のころは、帰ってそれを食べるのが楽しみでした。

母は町の高校に通うため伯父の家に下宿していた頃、朝、登校前にまんじゅう作りを手伝っていたそうです。

白くておおきなおまんじゅうに、鉄の焼印で「ジュッ」と絵柄や文字を入れていた、おじさんのお店が懐かしいです。

今は、息子さんの接骨院に変わっていますが。
たまみ♪ | 2011/06/17 3:54 PM
この記事に対するコメント
たまみ先生
おまんじゅうも、お店によって味が違いますよね。ひと口食べたときに愛があるかどうかが分かる!美味しかったおじさまのお店はきっと地元の皆さまに愛されていたことでしょう。息子さんがお店の場所を継いでくれてよかったですね!
 焼印はとても面白くて、私もやりたいのに子どもが横取りして・・・!
道具のお店でも、可愛い柄もいくつもありますし、昔から日本人の手仕事って本当に素晴らしいと思います。
和佳 | 2011/06/17 4:23 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nodokasya.jugem.jp/trackback/261
この記事に対するトラックバック